鈴木亜紀『Blue Black』 [CD-AS-003]

鈴木亜紀『Blue Black』 [CD-AS-003]

販売価格: 3,000円(税込)

数量:
前作『金色の砂』から7年、待望の新アルバム誕生です。
旅をテーマに集めた、大人のための11曲!
ぐぐぐっ、と引き込まれる息をのむ1枚です・・・!

= 収録曲 =
 1.ハムカツサンド
 2.桐の花
 3.こいのぼり
 4.港タクシー
 5.藪の中
 6.しはすのウルグアイ
 7.手ぶらの女
 8.風と道
 9.夕暮れ飛行
10.Blue Black
11.旅人眠る

鈴木亜紀: 全詞曲、編曲、piano, vocal, keyboard, percussion

向島ゆりこ: 弦アレンジ(11), violin, viola(6,8,11)
平田直樹: trumpet (4,7)
小泉邦男: trombone (7)
船戸博史: bass(8)
熊坂義人: bass(4,7,10)
徳久ウィリアム: voice(8)
秋元カヲル: electric guitar(5,9)

engineering: 藤井暁
design: 高崎勝也
produce: 鈴木亜紀

4thアルバム『ブルー・ブラック』発表に向けて

 あの歌はどのCDに入っていますか?と聞かれ、まだ録音してないんです、と答えるのを、ずっと歯がゆく思っていました。今、じっくり環境作りをしてきた甲斐あって、スタッフに恵まれ、それらの歌たちを時間に追われることなく、自分のペースでこの一枚に収められたことを、とてもうれしく思っています。
 振りかえればずっと、 ‘自分の歌を母国語で、自分で演奏しながら各地を巡る’ 活動はもとより、写真、文筆、翻訳、世界の素晴らしい音楽の紹介など、やりたいことを自由に、けれど自分にしては本気でやってきたなァ、という気がします。そして、今回はジャケットに自分で焼いた写真を使い、歌詞は全てスペイン語訳つきと、今までそれぞれの分野にちりばめられていた活動が、このアルバムをきっかけに、大きくひとつに集結されつつあるのを感じています。
 また、これまで『自由型ピアノ弾き語り』と名乗ってきた私ですが、全曲その基本スタイルでの録音でもあり、もしかしたらある意味で、デビューアルバムと云ってもいいのかもしれません。
 きっと、音楽活動の形においてだけでない、人として広い意味での ‘インディペンデント’ を、私なりのやり方で表したものが、この一枚なのだろうと思います。
いままで応援して下さった皆さんに感謝をこめて、お聴きいただければ幸せです。
    
                 2010年8月 鈴木亜紀
鈴木亜紀『Blue Black』 [CD-AS-003]

販売価格: 3,000円(税込)

数量: